国際結婚手続きはタイの地域ごとに違うの?

お気楽な日々。 > 仕事 > 国際結婚手続きはタイの地域ごとに違うの?

国際結婚手続きはタイの地域ごとに違うの?

国際結婚手続き タイは、最近のデモなどの影響で、外国人の訪問も減っているようです。

日本に入国するには、パスポートのほかに、在留資格認定証明書が必要になります。在留資格認定証明書なしでも査証申請を行うこともできますが、時間がかかります。

国際結婚手続き タイは、タイ国民商法典に規定があり、それに則って行なう必要があります。
 
申請方法ですが、申請用紙に必要事項を記入して、それと一緒に身元保証書や質問書、申し立て書などの書類を添付して、居住予定地を管轄する地方入国管理官署の窓口に提出します。
 
申請用紙などの必要書類は、法務省のホームページでダウンロードすることができます。申請する際の手数料などはかかりません。記入の仕方がわからない場合は、弁護士や行政書士などに依頼して提出することも可能です。在留資格認定証明書を取得したら、日本大使館や領事館などで査証申請を行いましょう。

国際結婚手続き タイは、タイでは、婚姻の年齢は17才なので、大丈夫です。あ、日本は女性は16歳ですね。


関連記事

  1. 埼玉の足場工事業者
  2. 国際結婚手続きはタイの地域ごとに違うの?